post

転職活動において自分の価値を高めたり、有利に進める為に有効な方法として資格を取得するのは誰もが知っていて、実際に実行している人も多いと思います。しかしこの有効とされる資格取得は本当に転職活動を有利に進め転職成功への近道なのでしょうか?そこで今回は転職活動において資格取得は本当に有効なのか考えていきたいと思います。

目的が定まっていないと意味が無い

まず資格を習得取得することは悪いことではないというのは誰もがわかっていることですが目標が定まっていなく、とりあえず取得できそうな資格は取得しようという考えで行動してしまうと時間の無駄になってしまい、意味のないものになってしまいます。まず資格を取得する際は、目標を定めてから行動することが無駄を無くすことになり大切になります。

需要がない資格でないと意味が無い

資格の中にも大きく2つに分けて需要がある資格と需要がない資格の2つが存在するのが現状です。ですから需要がある資格の取得をしていかないと、せっかく取得した資格自体が何の意味も持たなくなってしまいます。まずは資格を取得する前に転職に有利な需要のある資格を調べ、その資格をピンポイントに取得するこが大切になります。

時間とお金がかかる

やはり資格を一つ取得するにもお金が掛かり、勉強するのにも時間がかかります。転職において自分の価値を高め、転職を有利に進めていくのに有効な方法と資格の取得はされていますが長期の時間を費やしてしまう可能性もあり、実際には沢山資格を習得するというのは難しいのが現状です。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職において一見、自分の価値を高め成功への近道とされている資格の取得ですが、まずはどんな職種に転職したいか目標が定まっていないと闇雲に資格を取得することになってしまい何の意味も持たなくなってしまいます。しかも目標が定まっていたとしても需要がない資格を選択し取得してしまうとせっかく取得した資格が有効に活用できず、転職活動へは生かせなくなってしまいます。また資格取得にはお金と勉強する時間がかかる為、早期の転職活動には向いておらず、一般的に損がないとされている資格取得ですが、この観点においてはデメリットも存在するといことを理解しておきましょう。