post

40代になると、転職活動が不利になると一般的には考えられます。その理由としては、20代、30代の転職活動は、会社側も将来性や即戦力を重視して考えた場合に、採用をしやすいですが40代ともなると、ある程度キャリアがついており、会社によってはどうやって扱っていいかよく分からない。そんな状況になりがちです。そのため、40代を積極的に採用する企業は多くありません。会社が魅力的だと感じる何かが必要になってくるのです。しかし、だからと言って40代以降は転職活動しなくて良いということではありません。40代の転職でも、きちんとしたポイントを押さえておけば転職も容易にすることが出来ます。それでは、会社側にとって40代以降に求める人物とはどのような人なのかを考えながら見ていきましょう。

40代に必要な転職活動の心得

40代は、転職活動をするにあたり、心得が必要です。特に、20代、30代のようなポイントとは異なるものをアピールしないといけません。第一に、転職活動における40代に求められるものは何かを知る必要があります。20代、30代では将来性や即戦力が求められてきますが、40代は、即戦力で会社に貢献出来る実績が必要になります。30代以上に、実績が求められるのが40代なのです。入社すれば、あなたが部署の中でもそこそこの先輩クラスということがあります。そんな会社に入社しても即戦力として、若い社員たちを教育出来るスキルが必要です。この時、前の会社で得てきた知識を活かすことが出来れば尚良いでしょう。このような蓄積された経験というものが、40代には求められてきます。

前の会社での実績をアピール

40代では、即戦力というものが重要視されることがわかりました。これを、活かさない手はありません。面接などでは、前の会社での実績をアピールすることが大切です。前の会社がどのようなことをやってきたのかを明確にしつつ、自分がこの会社に入ることで、前の会社で得てきた知識、スキルをどのように活かすことが出来、それがこの会社にとって、どんな利益を生むことができるのか。ということをわかりやすく説明することが大切です。このアピールを行うことで、会社にとってはこの人を採用することは会社にとってプラスであると感じさせることが可能になるのです。

まとめ

いかがでしたか。簡単に40代における転職活動のポイントは何かを簡単に紹介しました。40代の転職活動は、他の世代に比べると、採用率が落ちているといった状況があり、決して良いものではありません。しかし、40代に求められるポイントをしっかり押さえることで、どのように転職活動をしたら良いのか。ということが見えてくるのです。40 代の皆さん、ネガティブに捉えず、前向きに考えて転職活動をしてみてはいかがでしょうか。