post

転職活動をしている人の中には、今の条件よりも良い環境で働きたいと考える人が多くいると思います。その中でも、給料にこだわって転職活動をしている人もいるのではないでしょうか。理想を言うのであれば、1000万円以上。転職をした先の会社の年収がよければ、仕事もプライベートも充実すること間違いありません。しかし、簡単に転職活動をしてそのようになることは困難と言えます。しかし、実際に転職をしたあと、転職先で仕事を任されその結果、1000万以上の年収になったという人もいます。このような1000万円プレーヤーになるためには、どのようにすれば良いのでしょうか。
今回は、転職して年収をあげる極意について、考えていきましょう。

転職してすぐ高収入は難しい

1000万円プレーヤーになる上で、ひとつ考えておかなければならないのが、高額年収にすぐ到達することが出来るということではありません。様々な過程を経て高額年収にたどりつくのです。そのため、転職後すぐに1000万円ということではないことを知っておきましょう。多くの人が、何度か転職を重ねて年収1000万円にたどり着いています。つまり、すぐに転職したから、年収が1000万円に到達するということではなく、会社で確実な実績を残し、責任ある仕事を多く任されるようになったので、転職後に年収1000万円以上に到達することが出来た。ということになるのです。

1000万円プレーヤーの共通点

実は、1000万円プレーヤーと呼ばれる人たちには、ある1つの特徴があります。それは、年収で仕事を選んでいない。ということです。つまり、年収1000万円を狙って転職活動をしたということではないのです。では、どのような特徴が彼らにはあるのでしょうか。それは、彼らはやりたい仕事を求めて転職をした結果、良い会社に出会い、結果を出して高額な年収をもらうようになったということなのです。つまり、自分のやりたい仕事を追い求めた結果として、そのようになったということなのです。

まとめ

転職活動は、頻繁に行うことが出来ません。しかし、自分のやりたいビジョンをしっかり持った上で転職活動をしたことで、年収がよくなるということは良いと思います。転職活動は、年収をどうするということではなく、自分の仕事をする上で何を目的とするのかをしっかり考えた上で、転職活動をしてみてはいかがでしょうか。