post

まだまだ働きたい、でもキャリアアップもしたい。けれど、そろそろ30歳も過ぎて、結婚も出産も考えているのなら、転職するときはライフプランをじっくりと考える必要があります。

現代は医療機関もすすみ、高齢出産でもリスクが軽減されつつあります。それでも、育児は体力勝負。できれば30代のうちに結婚と出産も済ませておきたい、なんて思っている女性も多いはずですね。

けれど、同時に現職への不満、もしくはさらなるステージでチャレンジしたいためにキャリアアップもしていきたい。
転職を考えてはいるけれど、転職で忙しくなって結婚の機会を逃してしまうのではと悩んでいませんか。
たしかに、転職と婚活を同時に行うのは難しいでしょう。
そのため、どちらを最優勢事項とするのか、その選択をしなければいけない状況になるようです。

そんなときは、転職経験のある既婚女性に話を聞いてみたり、転職エージェントのカウンセリングを受けてみるのもひとつの手です。

自分はまだ30代だけど、兄弟の末っ子なため両親が高齢。ということもあるでしょう。だいたい60歳以上の両親を持つならば、両親の介護問題も考えておいたほうがいいかもしれません。

60歳はまだまだお若いです。ですが、その頃になって癌が発見されたり、または認知症の兆候が見られてくる場合もあります。
もちろん、いつまでも健康な両親ならば安心できますが、人生なにが起こるかわかりません。転職したとたんに両親が倒れてしまい、また転職、となる可能性もあるのです。

もし、自分が介護しないといけない立場であるならば、まったくなにも考えないよりは、少し頭の隅にいれておくだけでも、対応が変化するでしょう。

結婚にしろ出産にしろ、現代の会社の中にはまだまだ社員の中から育児休暇をとられることが嫌がる会社もあります。
これから結婚や出産を考えているならば、育児休暇や時短に理解のある会社を選んでおいたほうがいいかもしれませんね。
結婚も出産も、本来はとてもおめでたいことです。気持よく結婚も出産も経験していきたいですね。