post

新卒者であっても転職者であっても企業に所属する前には必ず採用試験を受けることになります。しかし新卒者と転職者では社会人経験が有り無しという部分で試験の内容や採用するか否かのポイントも違いが有りますが、共通する点も多く存在します。そこで今回は新卒者採用と転職者採用の共通点を話していきたいと思います。

会社に馴染めるか否か

まず一番重要なポイントとしてその企業に馴染めるか否かというポイントにおいては新卒者でも転職者でも違いはありません。いくら社会人経験があり、実績がある優秀な人材だからといって企業の色にあっていない人材ならば長期的なことを考えると会社の輪を乱しかねないので採用が見送られる可能性は十分あります。
そのことから社会人経験がない新卒者であっても企業の色に合っていれば採用される可能性が高くなるので会社に馴染めるか否かは共通ポイントと言えます。

物事に対してしっかりとした考えがあるか

やはり企業で働く以上、物事に対してしっかりとした考えがある方が会社への貢献度が高くなります。いくら経験のある転職者であっても自分の考えを持たず、人に言われたことをそのままやっていた人は考える力が弱いので会社での貢献度が低くなってしまいます。そのことから新卒者でも転職者でも物事に対ししっかりとした考えがあるか否かは共通して重要視されます。

社交性があるか否か

最後は社交性があるか否かです。新卒者であっても転職者であっても社交性があるか否かは採用ポイントとして共通するところです。会社の雰囲気作りや仕事を円滑に進めていくには、作業方法やスキルのみならず、積極的に会話をしていくことが重要になるので、社交性がない人を会社に混ぜてしまうと思わぬミスやタイムロスに繋がる可能性があります。このことから新卒者であっても転職者であっても社交性があるか否かは大切になります。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが一見違いそうな新卒者と転職者の採用試験の採用ポイントには共通している部分が多く存在します。
会社に馴染めるか否かということや物事に対してしっかりとした考えを持っているかは新卒者でも転職者でも同じ物差しで測ることができます。また社交性があるか否かは職場の雰囲気作りや仕事を円滑に進めるためには非常に重要なものなのでこちらも採用試験での共通ポイントになります。