post

転職活動をする人の中には、初心者ではあるものの専門職で働きたいという人が少なからずいると思います。そんな人たちが転職活動をする際に、会社によっては全く相手にされないケースが多くあるはずです。それでも何とかして働きたいと考えた人は、「どんな待遇でもいいから働かせて欲しい」と熱心に訴えて採用される人もいます。しかし、このような状況で気をつけるべきことがあります。転職先によっては「どんな待遇でも良いから」という言葉を逆手にとってあなたにとんでもない条件で働かせることがあるのです。このような状況が発生した場合、あなたなら働き続けますか? 今回は、専門職で初心者が働く際に気をつけるべきことを考えてみましょう。

あなたの待遇が、初心者だからという理由でアルバイトのような条件で働かされている場合があります。このような時はどのようにすれば良いのでしょうか。初心者だからといって下にみられている可能性があります。初心者でも会社はアルバイトの待遇で扱うことは正直ナンセンスなものであると考えられます。そんな中でもどうしても働きたい仕事だからという理由でい続ける方が良いのでしょうか?確かに勉強をすることもとても大切なことであると思われます。しかし、自分の生活面が確保されなければ意味がないのです。そのため、このような場合では、以下のことを考える必要があるのです。

(1)待遇の改善を求めてみる
数ヶ月間働いている場合であれば、会社側に今の条件は厳しいから改善してもらうことを訴えた方が良いと思われます。その理由としては、あなたの生活が脅かされているなどという理由があります。そのため、待遇の改善を求める方が良いと思われます。

(2)転職を考える
待遇の改善を求めても要求が承諾されない場合は転職を考えても良いかもしれません。
本当に働く場所は今の場所だけなのでしょうか?もしかしたら、専門的なことを学びながらも待遇を良くしてくれるところもあるはずなのです。そのため、他の会社でも勉強することが出来るかもしれないと考えることも大切です。

どうしてもこのような環境下で頑張って働きたいという理由がそこにあるのであれば、そのまま続けても良いと思われます。その意志がしっかりしているのであれば、働く中でもしかすると改善策が提示されるかもしれません。しかし、このような場合であっても体が限界のサインを出した場合は撤退することも検討しておきましょう。

厳しい環境下で働くことで様々なことを勉強することが出来るかもしれませんが、それが正しい場合ばかりだとは限りません。中にはあなたを利用しているだけの場合があります。ここで本当に働いて良いかどうかのジャッジを常にする必要があります。 このことをしっかり行って今の環境で良いのか判断することが大切です。