post

転職をする理由は、給与に関してのこと・仕事内容・人間関係など人それぞれですが、転職する企業も同業種・類似業種・異業種など人それぞれです。しかし転職となると経験者採用を条件としている企業も多く、そうなってしまうと同業種や類似業種を中心に転職活動することになり、異業種への転職は難しいものになってしまいますが、そんな時に異業種への転職を可能にする企業が掲げる条件が未経験者OKという条件です。そこで今回は何故わざわざ未経験者を採用し、転職が安易なるのか話していきたいと思います。

とにかく人が欲しい

まず未経験者を採用するということは育成費や育成時間などのコストがかかるので転職者ならば育成費やコストがかからない経験者をできるなら採用したいと多くの企業が考えます。しかし未経験者を積極的に採用している企業は何らかの事情で人材が不足している為、とりあえず人材の確保を最優先と考え未経験者でも積極的に採用をし、人材確保に務めているのです。

離職率が激しい

ココでは先ほど話した人材が不足している何らかの理由の一つを話していきたいと思います。人材が不足している大きな理由は離職率が激しい企業だからということがいえます。離職理由は人それぞれで一概には言えません、離職率が激しく人材の補充が間に合わず未経験者で穴埋めしようと考えている企業はそれだけ追い込まれているのです。このことから全部の企業がそうではありませんが長く働きたいと考えている人は、よく企業について調べてから採用試験を受けるか否かを考えましょう。

激務である可能性がある

上記のとにかく人が欲しい、離職率が激しい2つをプラスして考えると、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?人材不足で離職率が高いということは激務である可能性が非常に高いということになります。激務の基準は人それぞれでどこからが激務でココからは激務ではないとは一概には言えませんが、未経験者を積極的に採用しないと仕事が間に合わないくらい人が辞めてしまっているということは多人数の社員が不満を抱えて辞めていったということになり、ブラック企業の可能性が極めて高くなります。まずは未経験者を積極的に採用していることに飛びつくのではなく、未経験者を採用する裏事情を読み解きましょう。

ここまで色々と話してきましたが全部の企業ではありませんが転職者で未経験者を積極的に採用している企業には注意をしなければいけない事があります。普通ならば新卒ではない転職者ならばコストがかからない経験者を採用多くの企業が考えます。しかし転職者でも未経験者を積極的に採用している企業は離職者が多く、人数が常時足りていない可能性があり、ブラック企業である可能性が高いので、このような採用試験を受ける前に裏事情を読み解き、採用試験を受けるか否かの判断をしていきましょう。