post

転職活動で自分のアピールポイントとして武器になるのが学歴・仕事での実績・スキルなどがありますが中でも重要視されているのがどんな資格を持っているかということです。多くの企業でその分野の仕事に必要な資格を持っていることを採用基準に掲げていることもあり、資格一つが合否を分けると言っても過言ではありません。しかしそんな資格を取得していることを過信してしまい頼りすぎてしまうことは大変危険なことなのです。そこで今回は転職活動の際、取得している資格に頼りすぎてはいけない訳を話していきたいと思います。

スキルが伴っていなければ意味が無い

まず資格を取得しているということは大変素晴らしいことですが、その先のことを考えてみましょう。資格とはあくまでそれに伴った試験に合格し、一定の基準の知識や技術があるという証明でしか無く、資格を取得することがゴールではないのです。それは自動車の運転免許で言うならばまだ初心者の段階なのです。資格を取得しているからといってその後、技術や知識の向上がなされていなければ、意味がなく、もしその資格を取得していることを掲げすぎて転職してしまったら後から苦労することになってしまいます。

持っていて当たり前の感じがある

もし採用基準としてその資格が掲げられていたり、その業界で必要であったとしたら自分以外にもその資格を持っている人がいる可能性もあり、その段階でその資格はプラスアルファーなものではなくなってしまいます。そうなるとその資格以外のところで勝負をしないといけなくなってしまい、この時資格を取得していることを自分の最大のセールスポイントとしてしまっていたのならその時点でアピールポイントがなくなり当然採用も厳しくなってしまいます。まずは資格頼りすぎず、他のアピールポイントを探したほうが臨機応変に対応することができます。

そもそも資格云々より人間性が重視される

そもそも資格というのはあくまで一つの判断基準であり、採用試験を受ける人材を絞り込むボーダーラインとして掲げている企業も多く、資格を取得していれば即採用ということにはなりません。あくまで転職の採用試験は実績やスキルも重要ですが、その人の人間性が大切になります。これは一緒に働いていく以上、人対人のやり取りになるわけですから、不快な人間よりも一緒に働いていて不快感のない人材をできるなら採用していと企業は考えるからです。このことから資格に執着しすぎず、如何に自分の良い所をアピールできるか否かが大切になります。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが転職活動の際に取得している資格に頼りすぎてしまうと後から色々な問題に直面してしまいます。資格を取得していてもスキルが伴わなければ、転職してからもそのギャップに苦しむことになり、そもそもその職種に準じた仕事ならば多くの人が当たり前に持っている資格ということにもなります。また資格はあくまで採用の判断基準の一つでコレを持っているから100%合格するということではないので、その前に採用したいと思わせる、人間であることが大切になります。