post

転職をする理由は仕事への不満や金銭面へ不満、キャリアアップの為など人それぞれの事情があってのことだと思いますが、現在結婚をして家庭を持ち、しかも子供がいるとなると独身の人とは違い状況も全く違ってくるので注意するポイントも変わってきます。そこで今回は家庭があり、子供もいる条件での転職はどこに注意しなければならないのかを話していきたいと思います。

生活リズムが変わる

まず転職をすると生活の中心である仕事自体が変わることになるので生活リズムは確実に変わってきます。特に家庭を持っているならば家族との時間が少なくなる可能性もあり、家庭に亀裂が入ってしまう可能性があります。このことから転職は仕事のみならず家庭への影響力が高いことを事前に理解しておきましょう。

お金が一番必要な時期である

家庭があり、更に子供がいるのならば一番お金が掛かる時期に突入しているというのを今一度理解しておきましょう。転職をしたからといって今まで通りの収入を確保できることは約束されておらず、もしも転職により収入が下がってしまうと、自分のみならず家族を厳しい生活状況下においてしまうことになります。まずは自分のことよりも家族全体のことを考え、本当に転職しないといけないのか、収入が確実に生活していけるぐらい貰えるのかをよく考え自分のことよりも家族の生活を考えましょう。

転職が100%成功する保証はない

そもそも転職するということは今までの生活を一度捨てることになるのでハイリスクであるということを理解しておきましょう。転職にあたり転職先のことをどんなに調べたとしても、新しい職場に関することは入社してみないとわからないことが多く、転職が100%成功するという保証や約束はどこにもありません。しかし家族を持ちながら転職するということはこの可能性が100%でなければなりません。それを踏まえた上で家族を持ち転職するとなると、家族の理解と確固たる決意が大切になります

まとめ

ここまで色々と話してきましたが家族があり、更に子供もいる場合の転職は注意しないといけないことが沢山あります。転職により家族全体の生活リズムが変わってしまうので家族の時間が少なくなり家庭に亀裂が入ってしまう恐れがあります。また金銭面や仕事面に関しても改善される保証はどこにもなく、実際に入社してみないと分からないことだらけなので、このハイリスクな状況下に家族を巻き込んでしまう可能性を考えながら転職するのか否かを今一度考えていきましょう。