post

転職する際、適性検査や筆記試験、作文などの採用試験がある会社も少なくないですが必ず行われるのが面接です。しかしペーパーテストなどの採用試験とは違い、面接は何点以上取れたからOKなどの明確な合格ラインが不透明で、面接後もモヤモヤした気持ちのまま合否の通知が来るのを待つこととなります。そこで今回は少しでモヤモヤした気持ちで合否の通知が来るのを少しでも解消する為、
面接で大切にしたことを考えていきたいと思います。

まず一番大事なのがはっきりしゃべることです。当たり前のことかもしれませんが、もし会社の方が面接に来た方に挨拶をされた際、ボソボソとした声で挨拶をされれば、「この人はちゃんと挨拶が出来ない人」だと思ってしまい当然良い印象は持ちませんし、
面接の際に質問に対してもボソボソ答えられると自信なさげに見えてしまいこの人、大丈夫かなと危なげない印象を持ち仕事に対するやる気も感じられなくなってしまいます。それなので

緊張しやすい人も声が小さい人もそのことに注意して事前にしゃべる練習をしておくだけでも採用担当者の印象が大分変ります。

面接の際いくつかの質問をされますが質問に対して沈黙を作らないことが非常に大切です。質問に対して考えて答えるのは当然ですが考え過ぎて沈黙な時間が多くなってしまうと、この会社に入りたいという意欲や仕事に対する姿勢が低い人だと思われてしまいます。そうならない為にも

会社のホームページや資料を取り寄せ仕事内容や会社の社風を感じ取り、聞かれそうな質問や自分が聞いてみたいことをなるべく多く捻りだし事前に対策をしておきましょう。

面接が終わったからといって油断はできません。家に帰ってからその日のうちに御礼状を書きましょう。以外に書かない人も多いみたいですが、その日面接をしてくれた人の名前を持ち出しながら印象に残った面接の中での話や、もし自分がこの会社に入った時の決意などを書き、貴重な時間を割いて面接をしてくれたことに感謝しましょう。

人事担当の方も社交辞令だと分かっていても自分の名前を覚えてくれていたことや面接で印象に残ったことが書いてあれば嬉しいはずです。

ここまで色々と話してきましたが挨拶や面接の質問ひとつにしても堂々とした印象を持たせる為、ハキハキしゃべることが非常に大切になってきます。その為にもしゃべる練習や面接で質問されそうなことを事前に考え自分に自信をつけておくことが大切になってきます。その為にも面接の事前準備を怠らないでおきましょう。