post

転職活動をしている中で、転職先が決まってから行わなければならないものがあります。それは、今の会社に退職をすることを伝えることです。しかし、仕事の状況によっては安易に転職するために近々退職しますと切り出すことが難しいと考えている人もいるのではないでしょうか。このような人が退職話を切り出すためにはどのようなことが必要と言えるのでしょうか。今回は、今の仕事場で迷いがなく退職をしたいと伝えるために必要なことについて考えていきましょう。

今の仕事場で退職をなかなか切り出せない場合には、なんらかの原因があります。その原因を探すことから始めてみましょう。原因がわかってしまえば、どうすれば良いかという解決策を探すことができます。そして、その結果として退職を切り出して良い状況を作りあげることが出来るかもしれません。大切なのは、退職を切り出せる状況を作りあげることなのです。それでは、退職が切り出すことが難しい理由はどのようなものが考えられるのでしょうか。
(1)転職=裏切り者という雰囲気ある
どのような円満退社を心がけたとしても、退職をしていなくなった途端、悪口を会社内でいう場所もあります。このような会社では転職=裏切り者と捉えられるケースがあります。しかし、このような状況の場合は悩む必要はありません。このような考えをされても気にしないことなのです。そのため、遠慮なく退職話を切り出しても問題ありません。

(2)良き上司が転職してしまい連鎖的に転職したいと感じる
連鎖反応を起こしてしまう場合があります。しかし、この場合は会社の良し悪しに関わらずあなた自身に不信感を抱いてしまう人が多くいる可能性があります。そのため、連鎖反応的な退職を切り出すことは難しいといえます。また、このような連鎖反応の場合、転職活動をしてもうまくいかない可能性もあります。このような場合はしばらく様子を見ることが大切です。

(3)転職して、多少の問題があっても耐えることが出来る会社を見つける。
希望している転職先に迷いが生じている場合も退職がなかなかいい出せません。今の状況より良くなるかわからない状況であれば、退職後後戻りできないことを考えると中々言いだすことができないものなのです。そのため、多少の障害があってもこの会社に転職したいという会社を見つけることも大切なのです。

以上のように、転職活動中に退職を中々言いだすことができない状況がいくつかあるといえます。しかし、言い出せない状況というものは転職活動にたいして何らかの迷いがある証拠とも言えるのです。 そのため、転職活動の方針をし