post

誰もが一度は務めている会社を辞めたいと思ったことはあると思います。しかしきっかけは人それぞれで実際に辞めて転職をして新たな道へ進む人、辞めるのを留まり残留する人など人により違う道を選択しています。しかしこれらの選択肢にどちらが良いのかという明確な答えはなく、実際にはよく考えて行動するしか手段がないのが現状です。そこで今回は会社を辞めたいと思った時の対処と対策を話していきたいと思います。

辞めることはけして悪いことではない

まず会社を辞めて転職したいと思っていても様々な要因からお思い留まっている人に言いたいのが、会社を辞めて転職することはけして悪いことではないということです。そもそも一つの会社に定年まで留まっていなければならないということはありませんし、会社に不満があり改善されない場合や更に好条件の仕事を見つけたのならば自分のために転職するのは当然のことです。
そのことから辞めることはけして悪いことではないということを常に頭に置き、前向き転職も選択肢の一つにくわえていきましょう。

資金を溜めながら転職活動しよう

転職をするには意外に資金が必要になる為、資金を溜めて転職活動をしていかなければならないので転職を決断して直ぐに活動するのにはリスクを伴います。まずは資金を溜めてから転職活動を開始し場合によって直ぐに転職先が見つかることもありますが、なかなか決まらず長期化することもあり、場合によっては仕事を辞め転職活動を行わなくてはない可能性もあるので、資金を溜めておくことが必須になります。

辞めたい原因と本当に辞めなければ解決しないのか考える

そもそも会社を辞めたいと思ってしまった根本的な原因は何なのか転職を決断する前に今一度考えてみましょう。上記でも話しましたが辞めたいと思い辞めることはけして悪いことではありませんが辞めたい原因がはっきりしていないと、もしも転職し新しい職場に身をおいたときにも同じことを繰り返してしまう可能性があります。まずは転職する前に辞めたい理由を考え本当に転職しなければ解決しないのかを考えましょう。

まとめ

ここまで色々と話してきましたが会社を辞めて転職することはけして悪いことではありません。しかし辞めたいと思う原因をあぶり出し本当に解決できないのか否かの判断できないまま転職してしまうとまた同じことを繰り返してしまう恐れがあるので、この原因のあぶり出しが非常に大切になります。