post

転職活動をしていく中で、人それぞれ様々な理想を描いて活動をしていると思います。
その中で、年収のことはどのように考えているでしょうか。中には年収最優先ということを考えている人もいれば、一方では年収は最後の項目と考えている人もいます。
しかし、転職活動をする中で年収をしっかり決めておく方が良いのでしょうか。お金のことばかりに気を取られていると、良い会社なんて見つけられないのでは。と考えている人もいるかもしれません。転職活動では、年収をどのように考えることが一番適しているのでしょうか。 今回はこの件について考えていきましょう。

転職活動をしていく中で、働ければどこでも良いと考える人もいるかもしれません。しかし、その一方で最低ラインをしっかり決めておかないと働いていくうちに無理が生じてしまう可能性もあります。そのため、この金額は最低ラインでも必要だということはきちんと決めた方が転職活動に対してやりやすくなるのです。現在の生活水準を考えて、このラインでならしっかり働けることをしっかり定めておかないと、せっかくの転職先でも金銭面で悩まされてしまうからです。

年収がすごく高い会社の中には、働く環境としては良いということが出来ない会社もあります。このような会社で働く場合、最初働くことが出来るものの、精神的、肉体的に疲労が蓄積して結局他の会社を探してしまうという可能性も十分考えられます。そのため、会社の年収がとても良いものでも、会社の内情はどうかを知る必要があります。入社後の離職率が高い会社であれば警戒が必要です。年収が希望している条件と合っているから応募するということではなく、年収と社内の内情がどのようなバランスであるのかを理解した上での応募も大切です。

中には、面接の際に希望年収はどれくらいを考えているか。と聞かれるケースもあります。このようなケースに遭遇した場合は、遠慮せず自分が素直に欲しい額を述べましょう。
しかし、むちゃくちゃな額を言っても却下されてしまうので、現状の生活水準と現在の年収を加味した額が適切であるかと思われます。

以上にように、転職活動での希望年収はある程度絞っておくことも大切だと思います。しかし、年収ばかりにとらわれていると良い転職先は見つけることが出来ません。
年収は転職後の活躍次第で評価されるものであるので、常識の範囲で大胆に検討してみては良いのではないでしょうか。