post

転職を希望する際にこれまでとは全く異なる職種に転職するのか、
同業の職種に転職するのか、様々な選択があります。
せっかく転職をするのですから気分を一新する為、未経験の業界にチャレンジしていくのも悪くはありませんが、同業種に転職した方が様々なメリットが存在します。そこで今回は、同業へ転職した際のメリットを話していきたいと思います。

転職した際に未経験の業種に飛び込んで0から仕事を覚えるより
企業ごとに仕事のやり方などは多少違ってくるかもしれませんが、同業種に転職した方が、今まで培ってきたスキルや経験を生かすことや応用することができるので0からのスタートにはなりません。

自分の持っているスキルを生かしながら新たな職場で違う角度から新たなスキルを身につけることが出来るので同業種に転職した方がより一つの業種に対してプロフェッショナルになれます。

転職の際に今までとは違う業種に飛び込むと一から人脈を作っていかなければなりません。しかし人脈というのは簡単に作れるものではありません。仕事をしていく中で様々な人に会い少しずつできていくものなので時間がかかってしまいます。そこで今まで自分が築き上げてきた人脈を生かす為、

同業種の仕事に転職をすれば今まで気づき上げてきた人脈を仕事に生かしつつ、更なる人脈を形成することができます。

雇用側は未経験者を採用して一から育てるよりも同業種の経験者を採用した方が未経験者に比べて様々なメリットがあります。未経験者を一から育てるとなると時間や研修費用、一人前になるまでにも給与は普通に払わないといけなく金銭面のコストが掛かります。しかし同業種を経験している人ならば時間と研修費用が未経験者に比べておさえることができ、多少の違いはあれども、いきなり一人前の仕事をしてくれます。現在人材不足の職種などはそういう面からも経験者を重視して採用しているところも多く、経験者には高待遇を用意している企業もあるので同業種に転職すれば給与アップも見込めます。

ここまで色々と話してきましたが、転職を機に未経験の業界に飛び込んでいくのも悪くはありませんが、同業種に転職した方が今まで働いてきた経験やスキルを生かすこともでき、仕事をしていく中で築きあげた人脈も継続して使えます。それをふまえると雇用側も未経験者よりも様々なものを持ち合わせている経験者の方が即戦力として活躍してくれるときたいしているので、転職する際にも有利になります。