post

転職をする際にハーローワークや求人誌、求人サイトなどで求人情報を見た後に自分の求めている条件と合致した会社に履歴書を送り、面接をするという流れが一般的です。しかし面接前と面接中、面接後と必ず人事担当者とやりとりをすることとなり、この時にどういう会社なのか見分けることができ、見分けることによって転職が失敗するリスクを減らすことができるのです。転職者は雇用するか否かを面接で審査されるので弱者と考えがちですが、転職先を見極める力も重要となるのです。そこで今回は、転職しようとする会社がどんな会社か見極めるポイントを話していきたいと思います。

面接のお知らせや合否の結果は、電話で知らされる場合があります。ここで電話をかけてくるのは、面接をとりおこなう人事担当者なのです。人事担当者というのは会社の重要な人材の管理を行う重要な仕事を任されている人なので、この人の電話での態度や説明力、電話を掛けてくる時間が常識のある時間か否かを見極めておきましょう。人事担当者はいわば会社の人間のお手本となる存在です。この人から会社がどんな雰囲気なのかを把握することができます。

転職者という弱い立場だからといって約束している時間を守ってくれない会社は、時間にルーズな会社となります。時間にルーズだということは、それだけ仕事事態にもそのルーズさが影響してきます。
電話の時間や面接の時間、郵便物の日時などの約束がしっかりと守れているか確認しておきましょう。

自分が提出する履歴書と同じように企業側も会社をよく見せるように求人表を記載していることもあるかもしれませ。どんな企業の求人でも100%自分の思い描いているものであるとは限らないのでそのことを踏まえておきしょう。しかし給与面や仕事内容、休日など面接時に提示された条件と求人票に記載されている内容が大きく食い違っている場合は注意しましょう。転職して会社に入った後でこの違いからトラブルになるケースも少なくないので十分注意しておきましょう。

ここまで色々と話してきましたが転職者=弱者というイメージをまずは変えていきましょう。採用してもらうということで謙虚さや感謝の気持ちを忘れてはいけませんが、自ら転職先のことを詳しく調べておく必要があります。そうすれば転職してから雇用条件の違いからトラブルになったり後悔する可能性を低くすることができます。