post

未経験者が、何かのきっかけで専門職に転職するということは難しいことなのでしょうか。専門職から一般職への転職は容易ではありますが、その逆となるとかなりハードルが高いといえます。その人の状況ややりたいことによりますが、場合によっては年齢のせいで選考から落ちてしまうという可能性もあります。魅力を感じて専門職へ転職したい場合、一体どうすればうまく転職が出来るのでしょうか。 今回は、初心者の人が専門職へ転職するにあたり何が大切であるのか考えていきましょう。

専門職へ転職はどれくらいハードルが高いのでしょうか。初心者歓迎と採用をしようとしている会社でも、応募者の中に経験者がいれば経験者を優遇します。年齢的にとても若く、今から勉強すれば何とかその専門職で食べていけるという人でも採用されるまでに相当苦労を要する可能性が大いにあります。それほど、専門職のハードルは高いのです。新卒者であるならば、教育していく過程で専門職の技術を身につけてもらえればという会社側の要望があるかもしれませんが、転職希望者ではそうはいきません。即戦力となるような人材が欲しい場合があるのです。そのため、年齢が若いから数を打てば採用されるといった甘い環境ではありません。 その一方で、工夫をすれば運よく採用される可能性もあります。それでは、どのようなことをすべきなのでしょうか。
(1)勉強をしていることをアピールする
専門的な勉強を現在していることを猛アピールすることが大切です。この勉強については、ただ勉強をしているということではなく、具体的に勉強内容を語ると効果的です。自分が一体どんな思いでその仕事を志したのか、現在勉強をしているのか。ということがわかるからです。そのために、現在勉強していることを猛アピールすることは大切なのです。
(2)資格を取得してから活動をする
理想的なのは、そのまま転職することではありますが、転職する際に資格を取得したということも良いアピール材料になりえます。そのため、独学で資格を取得するくらいの意気込みで、その転職先であると役煮立つ専門的な資格を取得することも良いでしょう。

未経験から専門職へ転職するためには、自分をどのようにアピールをして採用側に興味を沸かせるか。ということも大切です。この作戦方針をしっかり決めていくことで、未経験でも魅力的な人間であることがアピール出来るからです。そのため、セルフプロデュースをしっかりして万全な対策を心がけましょう。