post

転職活動を始めたばかりの頃は、「良い企業に転職しよう!」と、積極的に活動することができると思いますが、それが長引いてくると、精神的に疲弊してしまい、面接などで力が発揮できなくなってしまいます。まさに負のスパイラルです。しかも、仕事を辞めて転職活動をしてる人は、経済的な猶予が少ない場合が多く、焦ってしまう気持ちもなおさらでしょう。やはり転職活動は短期間でサクッと終わらせるのが望ましいようです。ここでは、転職活動を長引かせないためのポイントについて、考えいきたいと思います。

まずは、情報を集めなければ始まりません。自分の望む条件に引っかかる企業や、自分の強みを生かせる企業、幅広く探してみましょう。ここで注意したいのが、「自分の望んでいること」を明確にすることです。様々な求人を見て、何となく「これいいな」と思って決めてしまうと、転職してから後悔することになります。きちんと自分の理想をはっきりさせた上で、行きたいと思う企業を探すようにしましょう。

ある程度、情報収集したら、次は具体的な目標設定です。ここで、しっかりと計画を立てていないと、行き当たりばったりの転職活動になってしまい、途中で迷ってしまったり、いろんな企業に目移りしてしまったりと、転職活動がズルズル長引いてしまう原因になります、。いつまでに転職活動を終わらせるか企業の優先順位など、具体的に決めておきましょう。それがその後の指針になります。

転職活動で、うまく行かないことが出てくると、人は焦りや自己嫌悪など、ネガティブな感情を持ってしまうものです。「何で採用してもらえないんだ」、「自分はダメな人間だ」、そう感じてしまう人もいるかもしれません。しかし、私の考えでは、転職活動はメンタル面の勝負だと思います。そうしたネガティブな感情を持ち込んでは、面接などでも、なかなかうまく行きません。それよりは、「この企業が自分に合わなかっただけ」と割り切った方が、ずっと良いでしょう。悩みすぎず、無理してでも前向きに物事を考える、無理してでも自信を持つことが、一番のコツだと思います。

ここまで、転職活動を長引かせないための方法について考えてきましたが、転職活動は基本的に自分一人の勝負です。しっかりと自己管理をして臨みましょう。