post

転職活動をしている人の中には、転職を短期間のうちに頻繁にしている人がいます。
このような人たちは、転職先に就職したのは良いものの、その後転職先で何かいやなことに遭遇し次の会社へ検討することを考えます。このようなケースで2社、3社と転々と職を変えている人は少なくありません。このようなやめグセがある人たちが改善するためには一体どのようなことが必要なのでしょうか やめグセがつかないためには一体どのようなことに気をつけるべきなのでしょうか。今回はその点について考えてみましょう。

どうして転職先を見つけてもすぐに辞めてしまう人が後を立たないのでしょうか。
それは、転職活動において何故転職をするのか?というスタート地点に問題があります。
前の職場を嫌になって他の環境で働きたいと考えます。そしてその後転職。しかし、転職後に理想的な環境じゃない。前の方がよかったということに気づき、こんなところで働くくらいなら今のうちに転職をしてしまおうと考えて辞めてしまうケースがあります。
つまり、前の会社を辞める際に、会社の環境といった働く要素以外の原因で転職した人がこのような傾向になる可能性が高いのです。 確かに転職先は簡単に見つかるかもしれませんが、何度も辞めてしまうと採用側も採用しなくなります。

やめグセがついてしまうと、次から次へと仕事を転々としてしまうハメになってしまいます。これを防ぐためには、多少のストレス環境であったとしても、自分がやりたいと感じる仕事を見つけることが最も効果的なものであると言えるのです。このやりたい仕事を見つけることこそが、最も大切なことなのです。確かにすぐには見つけることは難しいと思います。しかし、なんとなく会社を辞めてしまうようであれば、次の会社に転職したとしても必ずやめたいという気持ちになってしまうのです。そのため、この仕事を自分がしたい。というものが見つかるまではよほどのことがない限り転職を選択しないことが健全であると言えるのです。

以上のように、すぐに転職を検討してしまう人は、やめグセがついている可能性が高いといえます。そのため、辞めるのではなく次の会社ではやりたい仕事を見つけてから探すことが大切です。この手順をしっかり押さえておけば転職しても簡単に辞めることはなくなると思われます。自分を見つめ直してから転職活動をすることからスタートしてみてはどうでしょうか。